児童文学入荷しています

本日は児童文学読み物が幾つか入荷しております。


その中でもご紹介したいのが「お話宝玉選」(小学館 昭和42年再販版)です。

巻頭に佐藤春夫さんの辞が述べられています。

「お話のきらいな子どもは、おそらく、世界中に一人もいないでしょう。お話は子供達にとって、なくてはならない心の栄養分です。本書にはこれまでにあまり紹介されなかった、世界中の珍しいお話が豊富におさめられています」


佐藤春夫の仰るように600ページ(2段組!)を越す大著に200ものお話が収められ、有名なお話もたくさん載っています。

それも偏りがないように、仏教童話、キリスト教童話、イスラム教童話、中国古典童話、イソップ、ラ・フォンテーヌ、日本逸話、中国逸話、西洋逸話、などと分けられ、満遍なく載っているのです。

各お話には朗読時間目安(2分〜10分くらいがほとんどです)も載っているので、読み聞かせる際にはとても便利に利用できます。

挿絵もふんだんに使われ、装丁も凝った作りになっており美しいですよ。

0コメント

  • 1000 / 1000